ニュース

【ありがとうの想いを込めて…】 ~お引越しと閉店のお知らせ~

カーテンコール、それは終わりのはじまりでもある。
(と誰かが言った。そうです。)

お酒つくりの工程は、大きく分けて二つあります。
日本酒・ワイン・ビールに代表される醸造とウイスキーはじめスピリッツで行われる蒸留。更に言えば、蒸留したお酒を樽につめて寝かせる熟成を加えると、三つの段階がございます。
そして、丹精込めて作られたお酒は、Barでは木の温もりあるカウンターでお客様に合わせて提供されます。

この度、日比谷Barは、
醸造のお酒である日本酒をカクテルとして扱う「SAKE HALL HIBIYABAR」、
蒸留そして熟成したウイスキーを扱う「日比谷BAR WHISKY-SⅡ」、
そして木の温もりあるカウンターのお店である「GINZA 欅」を、

2022年10月末をもちまして、SAKE HALLは今後の移転お引越しの為のしばらくの間のお休み、 WHISKY-SⅡとGINZA 欅は銀座の地での長らくの営業に幕を降ろすことになりました事をお知らせ致します。

この3店舗へのこれまでの皆様からの溢れる程のご愛顧へ感謝申し上げますとともに、急なお知らせとなりましたことをお詫び申し上げます。 開店の物語はどこも似たようなものですが、閉店の物語は様々でございます。
WHISKY-SⅡとGINZA 欅の2店舗は、それぞれのお店としての熟成を終え、皆様と紡いできました物語に筆を置くことになりますが、これは物語の「完」でも「結」でも、「Fin」でもございません。

敢えてこの2店舗の物語の最後に言葉をつけるならば、「ありがとう」と「笑」を、
そして、SAKE HALLにおきましては、「続く」という言葉で締め括りをさせて頂きます。

SAKE HALLは詳しいお引越し先と営業再開の日程はまだ申し上げられませんが、少しのお休みの間、私たちは日本酒のお米のように自らを磨き、おもてなしの精神を醸して参ります。是非、移転再開の日を心待ちにして頂けましたら幸いです。

10月末までは、まだまだお日にちございます。
これまでの物語(思い出)とこれからの物語(未来)をまだまだ皆様と紡いで参りたいと思っておりますので、引き続きのご愛顧・咤激励の程、宜しくお願い申し上げます。

例年より暑い夏も終わり、秋めいた季節となってきました。
肌寒くなってまいりますので、皆様もお身体ご自愛頂きまして、かわらずの素敵な日比谷Bar Lifeをお楽しみくださいませ。

--------------------------------------------------------------------------------------------

※上記店舗でのボトルキープに関しましては、店舗にて対応を取らせて頂きますので、恐縮ではございますが、該当店舗へ一度ご連絡くださいます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

SAKE HALL HIBIYA BAR マネージャー 見澤直哉
03-3538-6966

GINZA 欅 マネージャー 齋藤瑞樹
03-3538-7995

日比谷BAR WHISKY-SⅡ マネージャー 小浜彰人
03-3573-8011

このエントリーをはてなブックマークに追加