ニュース

マッドハウス ワインメーカー ディナーのご報告

画像11 ■2014.10.9 銀座8号店にニュージーランド「マッドハウス」醸造家、
コーネリアス・クライトン氏を招いてお客様参加型セミナーを開催いたしました。
当日は天候にも恵まれ、約30名様のお客様と、和やかな雰囲気の中、セミナーが始まりました。
もとよりワインがお好きな方、これからワインを勉強したいという方、
参加されたみなさまそれぞれに期待をもってご参加いただきました。


画像2 この度のセミナーは、同じニュージーランドの白ワインでも品種によって
異なるテイストを楽しんでいただいたり、同じ品種の赤ワインでもテロワール
(気候や環境、土壌などのワインが育つ為の要素)の違いによって感じる味わいの違い、
お食事とのマリアージュを堪能していただきながら、醸造家の意見や熱い想いに
触れていただこうという内容でございました。
まずはスパークリングワインで乾杯!
醸造家クライトン氏の「Cheers!」の掛け声とともに、マッドハウスの夕べは幕を開けました。


■ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリ、リースリング白ワイン3種の飲み比べ。
メーカー様にご提示頂いたワインリストの中から当店スタッフが選んだものを、
クライトン氏に順序立てて頂き、お食事とのマリアージュを楽しんでいただきました。
20141010132502676 お料理は前菜のプレートとして、
【アボカドとサーモンのタルタル】
【燻製パテドカンパーニュ】
【特製梨ソースのグリーンサラダ】



20141010132502836 加えて、チーズの盛り合わせ
【生後3か月の羊乳を使ったチーズ】
【赤ワインに漬け込んだ山羊のミルクのチーズ】
【6か月熟成セミハードチーズ】
【ドライフルーツを練り込んだクリームチーズ】
をご用意させて頂きました。
クライトン氏にもこの度の和梨の特製ソースは好評をいただきました。
少しだけスパイシーなソースに、和梨の甘み・食感がアクセントになり、相性も抜群です。


■続いて赤ワイン ・ピノノワール3種飲み比べ
【ワイパラヒルズワイパラピノノワール2013】
【マッドハウスセントラルオタゴピノノワール2013】
【マッドハウスエステートセントラルオタゴピノノワール2012】
ボディのしっかりしたもの、華やかな飲みごたえのもの、
お食事とのそれぞれの相性を楽しんでいただけるラインナップです。

お食事
ニュージーランドと言えばやはりコレ!
特製ソースのラムチョップを召し上がっていただきながら、
飲み比べをおこない、クライトン氏に解説を行なって頂きました。

20141010132502915【季節野菜とラムチョップ~特製マッドハウスワインソースを添えて~】
ボディのしっかりしたマッドハウスのピノノワールとNZ産キウィを加えたソースを使い、
パイン果汁・ヨーグルトに一晩漬け込んだやわらかい子羊を楽しんでいただきました。
クライトン氏もこのソースには大変喜んでくださいました。



20141010132503072 【旬のキノコのチーズリゾット】
お食事の〆には、旬のキノコ4種をふんだんにつかった濃厚チーズリゾットをご用意。

そしてまさかのサプライズ!
今回アコレードワインズジャパン㈱さまには事前告知無しのワイン、
マッドハウスシングルヴィンヤードClaim431セントラルオタゴピノノワール2013を
特別にご協賛いただきました。

まだ日本には入荷されていないこちらのワイン。
若いヴィンテージならではの華やかさを感じるサプライズワインに、お客様から歓声を頂く一幕も。


柳 ■最後に。
今回で4回目となりましたワインセミナー。
クライトン氏にお客様のテーブルを回って頂き、お客様からの熱心なご質問を受けたり、
記念撮影を行なったりと、生産者と消費者が直接に結びつく大変有意義な会となりました。
セミナーの開催に際しまして、ご参加いただきましたお客様、ご協力を賜りましたメーカー様、
クライトン様、誠にありがとうございました。


日比谷Barでは引き続きマッドハウス・ワイパラヒルズを初めとするNZ産ワインの
素晴らしさをお客様にお伝えしてまいります。 また今回ご用意させていただきましたワイン各種は、数に限りはございますが、
銀座8号店にてお飲みいただくことができますので、
ご興味を持たれた方はぜひお足をお運びの上、どうぞお申し付けください。


今後も同様のワインセミナーを予定しておりますので、
また皆様とともに素敵な夜を過ごせる機会が訪れますことを
スタッフ一同楽しみにしております。


日比谷Bar銀座北エリアマネージャー 柳 直隆