ニュース

【Barの足跡。】丸の内

丸の内を歩く。

カメラを持って歩く。

marunouchi gado

少し前のコマーシャルで
"三菱地所を見に行こう"
が記憶に残っている。

丸の内といえば
高級ブティックが立ち並ぶ丸の内仲通り、
三菱1号館美術館が印象的。

この美術館にはベルエポック期を代表する、
トゥールーズ=ロートレックの作品が収蔵されている。
mitubisi

映画"Moulin Rouge!"、"Midnight in Paris"、
"Moulin Rouge"が好きな人には堪らないのだろうか。

丸の内周辺はアート作品が多く展示されている。
祝日にはピアノがあったりもした。

個人的には、まるで海外のお洒落な道を歩いているような感覚になる。

開放的な場所は心も開放的にさせてくれるのか、
休日は家族連れや恋人たちが楽しそうに過ごしている。

今回撮影した日は平日だったので
人通りは少なかったが、
それでもそれぞれが人生の1シーンを
この街で送っていた。

働いてる人の背中はかっこいい。
marunouchidansei


買い物帰りの女性の後ろ姿はどこか満足気。
marunoutijosei


この道をまっすぐ行ったら日比谷、有楽町、銀座。

日比谷Barもすぐそこ。

写真、文 K





【→バックナンバーはコチラ】

【→バーテンダーズブログ一覧へ】


このエントリーをはてなブックマークに追加