ニュース

「アイルランド研修」海外研修チーム

おはようございます。
日比谷Bar銀座2号コリドー店の篠田貴広です。
私は、カクテルコンペ翌日8/29より9/4までの一週間、
日比谷エリアチーフマネジャー柳直隆君と海外研修に行って参りました。
今回ジェムソンが作られている国アイルランドに研修で行かせて頂きました。


宿泊した町はアイルランドで一番栄えている町のダブリンと
2番目のコークという町です。
アイルランドといえばアイリッシュパブ、ダブリンでは多くのパブが集まり、
夜遅くまで若者が盛り上がっておりました。

しかしダブリンも繁華街以外は自然が多くある町で
ヨーロッパの他の国に比べると安全な町だそうです。
ダブリンには今は使われていないジェムソン蒸溜所が観光地として残っており、
そこで勉強もさせていただきました。

コークは海の近くにある港町といった印象の町です。
地元の方々が集まるようなレストランで食事をし、
地元の楽器を使った音楽の生演奏もあり、
踊ったり歌ったり幸せな雰囲気に包まれた感じでした。


現在ジェムソンが作られているミドルトン蒸溜所に行かせていただき、
アイリッシュウイスキーアカデミーという、約5時間の座学と蒸溜所内の見学、
テイスティングを行いました。
学生にもどった気分に浸りつつ、とても丁寧な内容の講義で勉強になりました。


4泊6日の旅の5日目はブラー二―城を観光し、16時には飛行機に。
東京には6日目の15時に戻りました。

今回、本当に多くの事を学ばせて頂きました。
町は日本にないような色使いが多くみられ、
ドアノッカーの専門店もあり辿ってきた歴史を感じます。
パブやレストランで経験した、楽しもうという感じはうまく表現できませんが、
とても心地がいいものでした。

私は海外に行くのが今回初めての経験でした。
海外の魅力もわかりませんでしたが、行ってわかることもあるんだと、
今は実感しております。
ありがとうございます。