ニュース

【プロデューサーのヒトリゴト】ファイアグリルの件

こんにちは
新しいコトダイスキーAmazonダイスキー
日比谷Barのプロデューサーをしております「H」と申します。


今日はファイアグリルを楽しみたいと思います。


oc1

ということでやってきました。

伊豆河津七滝オートキャンプ場です!

<https://www.nanatakiauto.com/>

夏はホタルがたくさん見られるということで有名なキャンプ場みたいですね。
東京から車で4時間くらいです。
天城峠を越えた先にあります。

そうです!


天城越えです!


oc2

キャンプ場に着いたら
まずは夜に備えてテントを張っておきます。
他のサイトの設営を見ると、
ラギッドだったりパリピだったり、
それぞれの個性があって面白いですね!勉強になります。


oc3

このキャンプ場には釣り堀があるんです。
早速釣り竿を借りてチャレンジしてみます。

oc4
釣り糸を垂らして5秒も立たないうちに手応えが!
とても元気なニジマスが釣れました!
(元気が良すぎて釣れた瞬間は撮影できませんでした!)


oc5


結局入れ食い状態であっという間に4尾釣りました!
釣り竿を返却しに管理練に持っていくと、
ニジマスはその場で管理人さんがきれいに捌いてくれます。(ありがたやー)




oc6

食材が手に入りましたので
キャンプサイトに戻り、
ファイアグリル(自前)に薪をくべて火をおこしまします。


こちらのアイテムは網をつければバーベキュー、
網を外して焚火台、
さらにはダッチオーブンも楽しめる、
1台3役の非常に便利なアウトドアグリルなんです。
安定感も抜群!
(受け売りですので、詳しくは商品ページをご覧ください。)



oc7

ゆらゆらと燃える火を見ていると時間を忘れますね。



oc8

さて、お腹も空いて、良い頃合いなので、
おもむろに夕食の準備に取り掛かります。

さきほど釣ったニジマスを、
エリンギ、タマネギ、レモンスライスと一緒に、
バター、オリーブオイル、日本酒、塩コショウで味付けをして
ホイルに包んで豪快に火にかけます。


oc9

20分くらい火の上に放置しておくだけで
「ニジマスとエリンギのホイル焼き」の完成です。(簡単!)


oc10

残りのニジマスくんは炭火で塩焼きにしました。
(コレも塩をかけて焼いただけ)


oc11


ニジマスにはやっぱりウイスキー♪
ということで今回は「角瓶」をチョイス
夜の山は冷えますので
ステンレスマグでお湯割りに仕上げました。

う、うますぎる!!


ニジマス最高!


今日は外で豪快にアウトドアグリル(焚火台)を使用しましたが、
お家でオーブンでもできますので
是非TRYしてみてはいかがですか?







【→バックナンバーはコチラ】

【→バーテンダーズブログ一覧へ】


このエントリーをはてなブックマークに追加