ニュース

【プロデューサーのヒトリゴト】8.アウトドアスパイスの件

こんにちは
新しいコト ダイスキー Amazonダイスキー
日比谷Barのプロデューサーをしております「H」と申します。

今日は伝説のアウトドアスパイス「ほりにし」を使って、
ローストビーフに挑戦してみたいと思います!


アウトドアスパイス「ほりにし」は、
アウトドア好きの間ではすでに定番になりつつある超有名調味料です。
というのも、
ほりにしは和歌山県かつらぎ町にある「オレンジアウトドアショップ」
マネージャーの堀西さんが作った調味料なんです。

堀西さんご本人もアウトドア好きで、
いろいろなスパイスを持って
キャンプやアウトドアに出かけていたのだとか。
とはいえ、持ち物はなるべく少なく、
というのがアウトドアの鉄則。
「ひとつだけでどんな食材にも合う、
オールマイティーなスパイスができれば」という実体験から生み出されたそうです。



では早速、下ごしらえです。
お肉に味を浸透させるため、
仕込んだ後に一晩寝かすことをオススメします!

◆材料◆
・牛肉ももブロック…300g
・しょうゆ…大さじ3
・料理酒…大さじ3
・はちみつ…大さじ3
・にんにくチューブ
・アウトドアスパイス「ほりにし」
・ジップロック


牛肉ももブロックに味が染み込みやすくなるよう、
両面にフォークや串で穴を開け、
「ほりにし」をたっぷりまぶします。


醤油・料理酒・にんにくチューブ・はちみつをよくかき混ぜます。



ジップロックの中に牛肉と先ほど混ぜた調味料を入れ
封をしてよく混ぜ、一晩冷蔵庫で寝かせます。


さて、次の日です。

◆準備◆
・メスティン本体
・底上げ網
・スモークチップ
・カセットコンロ
・アルミホイル
・クッキングペーパー
・仕込み済みの牛肉


燻製するにはこの「底上げ網」が必須。


前日に仕込んでおいた牛肉を冷蔵庫から出し、
一時間ほどおいて常温に戻してから、
クッキングペーパーで牛肉の水分を取ります。



焦げ付き防止のため、
メスティン底にアルミホイルを敷きます。



スモークチップを底いっぱいに敷き詰め、アミをのせます。
今日は桜のスモークチップにしました。



牛肉を置きます。



フタをしてガスに火をつけ、
弱火〜中火で15分ほど温めます。
(燻製の煙が逃げないようにフタの上に重しを載せます。)



15分経ってフタを開けてみると…。
とってもいい色になりました!


すばやく火からおろし、
アルミホイルで包み、肉汁を閉じ込め、
このまま60分間放置します。



その間にソースを作ります。
バター10g
赤ワイン60ml
ステーキソース(和風)60ml
を5分間弱火で煮詰めてから黒コショウを振ります。


60分放置したお肉をアルミホイルから出して、



食べやすいサイズにスライスしたら…



完成です!!

ロービー×ほりにし×燻製×赤ワイン=最強!

「ほりにし」のワイルドなスパイシーさと、
燻製の香りが赤ワインにぴったりです!

今日はメスティンを使用しましたが、
お家でフライパンでもできますので
是非TRYしてみてはいかがですか?






【→バックナンバーはコチラ】

【→バーテンダーズブログ一覧へ】


このエントリーをはてなブックマークに追加