日比谷Bar

インタビュー

先輩からのメッセージ

店長・エリアマネージャー

石川尚 37歳

・入社の決め手は何ですか…30歳になってから就職するので、早くカウンターを体験できる環境があり、各蒸留所、海外研修などの研修制度が整っているから。
・入社後の印象はどうでしたか…「商い」をするという観点がなかったので、「Bartenderとして商い人」となるということが新しかった。
・現在の仕事内容を教えてください…日比谷Bar三田店 店長。複数店舗管理を勉強中。
・仕事においてのやりがい、おもしろさを感じる時はいつですか…自分の立てた計画数値を店舗というTeamを主導して達成させること。若いスタッフが自身を持って、お客様と接することが出来る様になったとき。
・職場の雰囲気はどうですか…良好!!厳しさと明るさのメリハリがあります。
・日比谷Barのここがスゴイ…Bartenderを軸として、常に新しいことに挑戦し、新しいBarの形を追求していること。
・仕事上で印象的なエピソードはありますか…Barに出逢いと別れは付き物です。瞬間瞬間が印象的ではありますが、ご愛顧頂いたお客様との別れと久々の出会いは中でも印象的です。
・一言メッセージをお願いします…時代に合う「Barのカタチ」を一緒に追求しましょう!
・石川さんの一日…12:00 本社出勤
Team活動や新たな情報を得る
14:00 店舗にて仕込み
その日のお客様をどう喜ばせるかの準備時間
17:00 Open
役者はそろった!!
24:00 終電前に帰宅
一日を振り返る。翌日、新たなチャレンジを行う

社員候補

大澤雄司 29歳

・入社の決め手は何ですか…自分の目指す、サービスの勉強が出来る職場を探していた時に、入店した日比谷Barのサービスに感動した為。
・入社後の印象はどうでしたか…日比谷Barは、勉強すればするほど、お客様へ提案出来るサービスが増えます。奥が深い世界だなと感じました。
・現在の仕事内容を教えてください…SAKE HALLメインキッチン担当。後輩の育成。新人研修講師。サービスコンペティションチーム委員。
・仕事においてのやりがい、おもしろさを感じる時はいつですか…お客様がまた会いに来て下さった時。提供したお料理、お酒が「美味しい」と笑顔になって下さった時。
・職場の雰囲気はどうですか…皆仲良く、自分のスキルアップに勤しんでいます。
忙しい中に、楽しくヤリガイのある職場です。
・日比谷Barのここがスゴイ…新人、ベテラン関係なく、チャンスや勉強の場を与えてくれる会社です。こんなに自分を高めれる会社、他にない。
・仕事上で印象的なエピソードはありますか…初めて、配属されたお店で、カウンター予約のお客様がプロポーズされるということで、スタッフが打合せして、プロポーズ成功後、カウンターのお客様とスタッフ全員で「おめでとうございます」と盛り上がって言えたこと。
・一言メッセージをお願いします…自分自身、まだまだ勉強途中の身です。一緒に、日比谷Barで沢山の事を勉強して、沢山のお客様に喜んで戴きましょう。
・大澤さんの一日…11:00 一日の確認
12:00 本社にて、Team活動や打合せ
14:00 自店での仕込み
16:00 賄、朝礼
17:00 営業

社員・店長

間野匡平 25歳

・仕事を進めるためのキーワードは…自分の自店では会社の2014年のサービスコンセプトである「IN THE HEART CUSTOMER」
・大切にしている事は…キーワードである「IN THE HEART CUSTOMER」=お客様を中心に置くことで最終目標が決まる。
お客様を喜ばすためには…と考えることで店舗スタッフと目的の共有ができ結果として表れた際にモチベーションとなっている。
・仕事に携わる原点は…自分が好かれたい‼という気持ち。
好かれたいならまず好きになる、お客様を好きになり、喜ばせ好かれたいというのが原点。
・経歴は…20歳で日比谷Bar入社し3年経過
その前はイタリアンのウェイター
・現在の仕事内容は…店舗でお客様を喜ばす(カウンター&ホール&キッチン)
本社での勉強、将来自分の会社を立ち上げるために
(店舗運営・数字管理、エリアスタッフの育成)

社員・店長

安藤拓哉 24歳

・仕事を進めるためのキーワードは…人との繋がりです。
スタッフ同士もお客様もそうですが、誰かが居なければ、また一人きりでは成立しないと考えてます。
・大切にしている事は…切り換えです。
どんなに嫌な事や逆に良いことがあってもお客様と接する時はフラットな気持ちを心掛けています。
・仕事に携わる原点は…実家の寿司屋です。
幼い頃から両親のおもてなしする姿を見て育ちました。
・経歴は…学生の時、ホテルで3年間配膳の仕事をしていました。
サービスすることが大好きです!
・現在の仕事内容は…田町店責任者から渋谷3号店責任者へ
業態の違いはあれど日々お客様の満足度を高めるために励んでいます。

採用担当者

小手森政彦

・仕事を進めるためのキーワードは…人対人のビジネス 志のみ持参のこと THINK×3 TRY×3
・大切にしている事は…「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」
・仕事に携わる原点は…私は手に技術を付けたいと考え、衣食住の中でも生きて行く上で食が重要と考え社会に初めて出て付いた仕事が栄養士でした。本格的に料理を学びたく、料理の世界に飛び込みお酒との出会いにより、BARの世界に魅了されバーテンダーを目指し現在に至る。
・経歴は…学校給食の栄養士として修業を積み、舞浜のホテルで料理人として調理修業を積む。
その後、表参道にあるレストラン&バーにてカウンター修業。ホテルを経て、南青山にあるレストランにて調理修業をし、バブル崩壊と同時に退社。
1992年に日比谷Barに就職し、カウンター業務を中心に修行を積む。
NBA(社団法人日本バーテンダー協会)所属によりIBA(国際バーテンダー協会)認定インターナショナル・バーテンダー資格証書取得。
日比谷Barカクテルコンペティションで総合優勝3回
社内にて、海外研修参加経験あり
日比谷Bar店長、スーパーバイザー、全店の運営を歴任し
複数店舗管理・人財育成・新店舗開業業務等の運営に関わる。
現在、人財共育リーダー。
・現在の仕事内容は…面接・採用から、新人集合研修。カウンター&サービス、キッチン&サービス、F/S研修、店長育成に関わる。外部メーカー様の受入研修。2007年より専門学校講師を続けている。インターン・シップ制度受入れも実施。
設備・メンテナンス関係・衛生関係窓口。